2013-12-09

メッシュ:省ランドインパクトの一例




これは セカンドライフ 技術系 Advent Calendar 2013 用に書いた記事です

----------------------------------------------------------------------




メッシュは造形の自由度が高くテクスチャーを貼る面も好きに設定できるのでモノヅクリに重宝します

しかし通常のプリムの「土地の負荷(ランドインパクト)」が1プリム=1であるのに対し、
メッシュの「土地の負荷(ランドインパクト)」は1プリム=1とは限りません

今回は、複雑な形や大きい物をを作ると大きくなってしまうメッシュのランドインパクトをなるべく小さくする『省ランドインパクト』の一例を書いてみようと思います






サンプルとして「天井付きのアーチ」みたいなもの(上図)をblenderで作りSLにupしてみます
※いずれもviewerはFirestorm、「描画詳細度(Level of Detail)の中(Medium)を最高に設定



まず作ってみたオブジェクト

①アップロード画面では「土地の負荷は 6.422」です



実際rezしてみると小数点以下は四捨五入され
「土地の負荷は 6」になります














アーチの天井部分を平たくしてみます
blenderで手を加えアップロードします

②アップロード画面では「土地の負荷は 8.239」です

実際rezしてみると小数点以下は四捨五入され
「土地の負荷は 8」になります


形を少し複雑化するだけでも土地の負荷に影響を与えることがわかります










さらに、天井部分に穴を開けてみます
blenderで手を加えアップロードします

③アップロード画面では「土地の負荷は 11.814」です
実際rezしてみると小数点以下は四捨五入され
「土地の負荷は 12」になります




形はこれで完成としましょう

これにテクスチャーを貼って出来上がり!
・・・とはなりません






メッシュオブジェクトにこのままテクスチャーを貼っても上手くいきせん
テクスチャーを貼るためには、blender上で面を設定しなければなりません
(本題と逸れるのでここでは面の設定方法は省略します)



では、blenderで面を設定しオブジェクトを再アップロードしてみます

④アップロード画面では「土地の負荷は 15.860」になっています

そう、面を設定すると負荷が大きくなってしまうようなのです

実際rezしてみると小数点以下は四捨五入され
「土地の負荷は 16」になってしまうことでしょう




ランドインパクト(土地の負荷)が16・・・ 

これが大きいと感じるか妥当だと考えるかは分かれるところですが、
もう少しランドインパクトが小さくなったほうがいいと思ったときは
以下のように「分割する」という手段もあります



blenderで④のオブジェクトを1/4にカットしたパーツを作りアップロードしてみます

⑤アップロード画面では「土地の負荷は 2.566」です
実際rezしてみると小数点以下は四捨五入され
1オブジェクトの「土地の負荷は 3」、
形になるようにコピーを3つ作り並べてみると
4オブジェクトで「土地の負荷は 12」になります

この段階でオブジェクト1つで作るより
ランドインパクトが4減ります
さらに、4つのオブジェクトをリンクしてみます

すると「土地の負荷は 10」になります

これは「土地の負荷2.566x4個=10.264(小数点以下四捨五入)≒10となったためではないかと思います

結果として、1オブジェクトで作るより4オブジェクトで作ったほうが
ランドインパクトが6減ったことになります








あとはテクスチャーを貼って完成です


































以上、
「メッシュは小さいオブジェクトのほうがランドインパクトが小さい」という特徴と
「リンクするとランドインパクトが減る可能性がある」という特徴をを使って
省ランドインパクトする方法でした







0 コメント:

コメントを投稿

TOP