2010-07-31

城・11






ステンドグラスを作り直していた・・・はずだったが
2週間かかって出来たのは
ステンドグラスじゃないっぽいモノだった


・・・が、まぁいい


月の光に輝くガラスの蜘蛛の糸が
キレイだと思えたから
これでいい















2010-07-20

城・10






色の少ない、暗いトーンの城になるだろうと思い
色差しに作ったステンドグラスが
どうしても気に入らなくなり作り直している

どうしたらステンドグラスらしくなるのか見当がつかず
描くのに3週間もかかったテクスなのだけれども、
気に入らないのだから致し方ない 
破棄することに躊躇は無い

とは言え
作りたい何かがあって作り直しているわけでもないので
あてもなくカケラを探す
自分の中にあるはずのイメージのカケラを













2010-07-14

城・9






城の屋上に壁画を







エヴァ ≈ パンドラ (Eva Prima Pandora / Jean Cousin)




悪魔の蛇 誘惑の果実 頭蓋骨

美しい肉体 知恵 治癒 美声



好奇心 と 禁断の壷

死ぬ運命 と 生きる希望








誘惑に負け禁断に手を初めた女は

見る者を禁断へと誘惑する











2010-07-11

城・7






城の地下



軋むエレベーターで降りたそこは

仕置き部屋とでも言うべき薄暗い空間










小さな格子が外界とを繋ぎ

その僅かな隙間から漏れ射す光




音もなく流れ込む水に汚染された

濡湿なる淀んだアトモスフィア










2010-07-03

あきらめる

RLに居る時はまったくそんなことないのに
SLに居る時だけ感じるざわざわとしたカンジ
そんなざわざわ感に1ヶ月余り苛まれたが
6月を終えるにつれそれは終息していき、
今ではすっかり感じなくなった


結局その正体は判らぬまま


安堵のような落胆のようなものを感じたのは一瞬
「諦めるべきだと明らめるべきだ」と
今の私の心が強く押すので
私はあきらめることに決める












私を捕らえるものなどないのだから
何にも囚われずにいけばいい













2010-07-01

kichijoji SIM 閉鎖



ハモニカ横丁






いせや






宿無しだった私が初めて土地を借りた場所は
かわいいお花畑になっていた





色んな思い出が蘇るのは
この土地を長く借りていたから、というだけではなく
ここにちゃんと住んでいたあの頃の私がいるから

友人たちが訪れ朝まで語らい、
近所の住人と立ち話に花を咲かせ、
いせやでラジオを聴きながら焼き鳥を食べた
ハモニカ横丁で買い物もしたし、
井の頭公園でデートもした

庭には植物を植えたし、冬には雪の結晶も降った
   
モノヅクリを始めたのだって、地下に秘密基地を作りたかったからだ
   




翻って今はどうか・・・などと
作業場に引き篭もっているだけの今の私には無駄な問答




あの時の“始まる感”をもう一度手に入れたい










終わりに始まりを願うことになるなんてね











TOP